世界にひとつ「花なまえの詩」は、大切な方へぴったりな贈り物

花なまえの詩額絵 還暦(60歳)

花なまえの詩額絵

大切な方への贈り物には、名前を入れられるのは、いろいろありますが、なまえが、詩になっていたり、キャラクターが、ほっとするような感じなのって、なかなかないな~

そんな気がしましたが、「花なまえの詩」には、なまえ一文字一文字に対して、気持ちが込められたメッセージに感動する贈り物になっているところに、他のギフトには、ないものを感じました。

花なまえの詩

こころに伝わるメッセージが、感動を呼ぶのです。

生まれてから、「名前」が付けられますよね。

自分には名前がないっていう方は、ほぼ、いないのでは。。

ひとりひとりに、生きてきた人生があります。

辛いエピソードもあると思いますし、楽しい思い出の残るエピソードもあると思います。

家族と過ごす楽しい思い出があると思います。

贈る大切な方のエピソードを、細かくスタッフさんへ、伝えることで、詩の内容が変わってきます。

背景のイラストも、その贈る作品には、入れることが出来ます。

青空だったり、風景だったり、イメージは膨らんでいくことでしょうね。

花なまえの詩手書き

花なまえの詩には、今まで生きてきた人生が、入っています。

キャラクターに、干支を選んで、家族の干支の、それぞれに合ったキャラクターを入れることで、家族も一緒に描かれて、さらにさらに、想いがたくさん、入っていくことでしょう。

ご予算もあると思いますので、それぞれ決めることが出来ます。

花なまえの詩の中心は、お祝いの主役がいて、そのまわりには、ご家族や、お友達、会社のお仲間と、ご要望によって、描かれていきます。

似顔絵も、人気の一つになっていますよ。

似顔絵と、なまえで作られるポエムも、人気の一つです。

どの作品にも、真心こめたひとつひとつ丁寧に仕上がっていますので、出来上がりを見ると、感動しますよ。

出来上がりの作品をみたい!!

ということも多いそうです。

完成品のイメージですが、出来上がって大切な方へのプレゼントとなると、渡す前にどんなかを、見たいはずです。

花なまえの詩で作られる作品は、メールを通じて、写真で事前に見せてくれます。

花なまえの詩手書き

似顔絵になる写真の選び方

似顔絵のもとになる写真は、お顔がはっきりと、わかる写真を選ぶのがコツです。

真正面で、くっきりと映っているものを選びましょう。

また飾るための額縁も、いろいろ選べます。

額ぶちの素材や、カラーによっても、価格が違うので、お部屋にイメージに合うように選んでみると良いかなと思います。

花なまえの詩のサイトを読んでみると、2005年から、作品を、手作りではじめられたそうです。

なまえを詩にして書いていく中で、もしかしたら同じような内容があるのではないかと、私の中で想像してしまうのですが、そんなことはないそうです。

ひとりひとりの人生があるのですからね。

お約束のなかにも、なまえの詩の内容が納得いかない場合、何度でも作り直します。

と、あります。

ご注文には、お急ぎの方、超特急便の場合は、2案のみとありますが、納得いくまで作り直してくれるのは、ありがたいですね。

還暦祝いや、古希のお祝いなどのご長寿のお祝い。

ご両親や、ご祖母の結婚記念日。

定年退職のお祝い。開店祝い。

結婚式のウエルカムボードとしても、おすすめできます。

ご夫婦にとっての、特別な日に合わせて注文してみるのも素敵だと思いました。

サイトに描かれている作品のものを読んでいると、とてもほっとするようなエピソードや、人柄がとてもよく伝わるので、感動しますね。

似顔絵についても、例えば、カラオケが趣味ということで、マイクをもって、楽しく過ごしている姿を、似顔絵になっていたりします。

私も、幸せな気持ちになりました。

ご家族の方も、作品の中に登場させることもできるのですが、これっ!

私もっ!!

と共感できたりするので、実際注文するなら、こういうのもいいな!!

と思える作品ばかりでした。

好きだな~!!

こういう温まる作品。

という素直な気持ちになりまし茶。

ご注文の際は、スタッフさんにしっかりと、どんな人で、どんな趣味があって、こういうこともあって、あんなことも、と、少しでも詩の内容が素敵なものになるように、伝えると良いです。

そして、出来上がったら、よく確認して、納得いく作品をスタッフさんと作り上げていくと良いと思います。

お急ぎでも、対応してもらえますが、少しでも良いものをと考えたら、時間をかけられる余裕も必要かなと思いました。

以前、イベントに参加した際に、手書きで書かれていたのを実際見たことがあり、写真も撮らせていただきました。

作品愛を感じましたし、やっぱりプロなんだな!!

と、今でも鮮明に覚えています。

手作りで作られていることもあって、通常は、10日間以上は、お日にちをいただいているそうですが、大切な方への贈り物を渡したい!!

というお日にちも、早く欲しいという方もいると思います。

そんな方にも、対応してくれるのが、超特急お届け日、ご注文日より、約10日後に間に合わせるように頑張ってくれるそうです。

お急ぎの方は、別途お電話での問い合わせが、可能になっています。

出来上がりのチェックでやり直しは、2案までとなっていますが、可能だそうです。

まずは、問い合わせてみてくださいね。

20日以内のお届け希望に関して、ご注文の希望日を記入が、必修となっています。

お届けが、お急ぎの方は、こちらをチェックしてみてくださいね。

ほんわかとした絵柄や、伝わる感動のなまえ詩を、是非チェックしてみてくださいね。



コメント