ワインと一緒に楽しむなら、ローストビーフはいかがですか?

NO IMAGE

先日の記事で、ワインの温度の状態を保つ目安に、ベルトの温度計のお話をしました。おいしく飲むワインとともに、いただくものとしてちょっと贅沢なイメージが私にはあるローストビーフを、ワインと一緒に楽しんだらとても幸せなのではないかな?と思い、今回紹介したいと思います。前回の記事は
https://maru-okurimono.net/memorial/%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e7%8a%b6%e6%85%8b%e3%82%92%e7%9f%a5%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%8c%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%b8%a9%e5%ba%a6%e8%a8%88/です。
ローストビーフと言えば、スーパーでもちょこっとつまみになるものが販売されていて、たまに、ほんとにたまにですが、食べることがあります。何かのイベントの際に口に入れることがあるかな?と思うほどの高級なイメージのあるローストビーフです。また、ホテルなどで、ビュッフェスタイルの食事会の参加した際も、ロストビーフを食べる機会がありました。コックさんが、一枚一枚丁寧に盛りつけてくれるのを、ここぞとばかりに狙って食べた思い出も過去に蘇ってきます。
題名に、ワインとともにいかがですか?と書いたものの、これは私の願望のようなものです。願望ではなく欲望にもなりますね(笑)。しかし、ローストビーフのやわらかいお肉を一口食べてから、ローストビーフが好きになってしまった自分がいます。いつでも食べることができないからこそ!!出会ったら、食べたい!!ってより強い想いが来るのでしょうね!!

盛りつけを見ただけでも、魅力を感じてしまいます。このローストビーフは、たわら屋さんで販売しています。ローストビーフの専門店です。専門店なので、個人で購入するというのもいいですが、贈答品としても、喜ばれると思います。価格も様々ですが、もうすぐバレンタインということで、一日200食という限定のローストビーフが紹介されていました。細かいところは、ホームページで紹介されていますので、ご確認していただければと思います。滅多に食べられないけど、特別な日に食べたい逸品です。今日は、2月12日です。私たち夫婦にとっても、愛猫にとっても、特別な日です。結婚記念日で、愛猫の誕生日なのですから。。。おめでたい日なのです。